FC2ブログ
(もう一点)「最新版不可解な忠告」の原因は何?
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》

(校正第2ラウンド@12月28日18:17-sh
)=この緑色
(校正第一ラウンド@12月21日01:38-sh)=この紺色

   今、横のPluginの再編集(時間経過のアップデートなど)をしながら、ふと
ある変な、余りにも的外れな忠告をされた件付いて思い出し憤っていたので、

まさか...「これも、またも『成り済まし』が過去に私に成り済まして言っていた言動内容の一つなのでは???」

と、
確認が必要だと思い、
この『新規投稿』ウィンドウを開いて書き始めております。(!!!!!!!!!!!!!!!!!!!)


   ではその「余りにも的外れ過ぎで、何故この私がそんな真逆不必要な忠告を、海外、しかも多人種国家で異人種として13年近くも生きてた私が、何ゆえにここでそんな基礎的な忠告をされたのか?????」その、またもや全ッく、完全に、心当たりの無いその忠告内容を、書きます。その内容は、まさか、またもって『成り済まし』による、私を名乗って (か、そう勘繰らせ決め付けさる手法で、意識下/無意識領域にイメージだけを植えつけるなど?) あたかもそれが、この私が言ったかのように騙していた事のある内容ではないでしょうか?????????

   さて、どんな事でも、不審な場合は、手がかりとして確認が必要です;その心当たりの無い変な忠告の内容を書きます。忠告をなさった方に限らず、この様な事をなぜか私が忠告されなければならないような話を読み聞きなさった事がある方は居りますか?? 
   私は、心当たりが御座いません。何度も繰り前しますが、私は、(世界で第二位に最も)多人種国家である英国に異人種として13年近く住んでいましたし、そういう環境(多民族国家)でさえ人種差別はあるのはさておいたとしても、それ以前に、「他の国にお邪魔中である」という事実はいつも肩から離せない、それは可なり重いものがあるわけです。それが13年近くです。こんな事(←これから書く)を私に成り済まして言えると思う、その成り済まし犯自体が、相当な井(かドブ)の中人物かと思わされます。

   さて、私に対して言われたその忠告とは、こんな風なものでした: 「外国人も正しい良い人たちがいて、外国人だからといって悪者呼ばわりは出来ない」風な内容だったっけ??(あttttったり前でしょ!!!!!!!!!!!!!!!!!)

   何で、こんな、。。。たとえ井の中から出なくても、人は、普通誰でもが知っている事です。子供でも知っています。それを敢えて言われる場合というのは、しかも、これを言われるというのは、 大抵は今からここに書く条件下においてだけでしょう:
それは、(いい年の教養も一応あるはずの経歴の人物(ここでは私の事)が)
「そういった注意をされなければならないような事を言った事になっている場合だけ」です。
だから、ここでも『成り済まし犯』の存在を臭わせ、その者による私を名乗った私自身が考えても感じても居ない内容の発言があったことを疑わざる得ませんので、
 またもや、チェックです。


   この犯罪は、ある意味、取り返しの付かない、深い傷を負わせています。ある人物がこのように成り済まされて、(やられているこっちは思いもよらないので ―やろうと意志決定をするのは、成り済ましの考える事!...されている方はそんな事も知らずに普通に日常を送っているだけ!― なかなか気が付かずに年月が経ちやすい)、本当に、人物像どころか、本人が考えても感じても居ない、言うつもりも無い、別の人格にされ、それだけで、「取り返しの付かない」破壊活動をされたことになるのですが、人間誰しも、既に自分の実際の問題だけで十分人生難しい中の犯罪です。人を選んで取り締まったり取り締まらないことがあるのではない限り、どうか、
何でも、チェックをお願いしたいと思っています。

  私は、はっきり知らないものは知らないし、自分が実際に思っている事や感じている事をぼかす必要を感じるタイプではありませんので、はっきり言ってきておりますが

  各自の方々は、これこれは本当に私かどうかなど、正確なチェックお願いできないでしょうか?

  破壊したい誰かを身勝手なそのような事からその人に成り済ませるあらゆる方法で、成り済まし、多くの人や組織に対してこっちの知らない事を言ったり書いたりし続け、例え途中で判った時点からは必ずしも誰も信じなくても、それまでに信じた事が記憶に埋まってしまい、いつまでも必要の無かった苦しみや亀裂や不信など、商魂(どうして「商魂」になるでしょうかね!?!?!?)「傷痕(!!!!!!!!!!!!!)」が、大き過ぎますね。

  私がそんな事を忠告されなければならないような発言をしたと思い込んでいる方がその忠告をした方一人に限らない可能性も有りますので、
ここにその内容をチェックできるようにしておきます。

   これは、私の考えとも経験とも人格とも一sssssっ切(←いっさい)、矛盾しており、決して、私がされなければならない忠告ではありません。そんな事を言われる心当たりも無いどころか、私の経験を考慮に入れただけでも、解る事だと思うのです[←2014-12-28表現を改善]...

  「どうしてこんなに簡単に騙されるのか?」と一瞬考え、憤ってみましたが、事態はそうではなく、
もう可なり大昔からその『成り済まし』が私自身の知らないうちに暗躍をして「可なりの歳月が経過してる;だから、人々は、もう、記憶から分けられず、聞いたり読んだりした当時私と思い込んでしまったものをそのまま思い出すのであって、今もいちいち騙されているという状態ではないのではないのでは?(「ないのでは」を何回書くと良いのかが判らなくなって来た)?????????????????

  もし、長期にわたり、毎日の日記のようにずっと成り済まされていたら、その出鱈目な量は気の遠くなるほどです...
その上、今回やはりはっきりしたような、こっちに張り付きながら私の身に起こっている毎日の詳細に便乗して成り済ましたコンタクトを相手方各所に対して挿入されいたら、当然何もかもが亀裂を起こしていくし、騙されてしまった方からの奇行があふれ返りもしますよね...その上で、騙されきった状態で、それを知らない私が「何かおかしい、」と言って来ても、ピンと来ませんよね。
気の遠くなるような莫大なことで、言われたり聞いたり読んだ方々の再確認によって(こっちは知らないので)(知れば、この様に聞き返せますが)少しでも解明されると良いのですが。


(こんなに寒い夜の戸外からの小さな子供の奇声は、変なものですね。今ありましたが。)
スポンサーサイト



編集 / 2014.12.22 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego