FC2ブログ
前記事への追記部分抜粋
カテゴリ: ◇Misc.

前々記事へ追記したものの抜粋:

その1:

  盗撮や、顔に光を強く照らす(顔を照らし出される)などの行為について言えば、男性にはどうも全く気が付いていない側面があるように見受けます。おそらく、男性というのは、プライバシーが見られたり、顔を照らされて困るのは、悪い事をした人だけという感覚なのでしょうが、女性は、照らし出される事によって襲われる危険性が増すため、本能的に、身を守らなければならないのと、一般の普通の女性の場合は、その感覚に扱われる事への危機感が強くありますので、そのような晒し行為は、自己保身のために、身を隠している心理を強く保っている、あばずれで無い女性が多くいますので、その事をお忘れにならないで下さい。ご自分の周りがそうでないのかもしれませんが、この事実にも気が付いて、もう少し紳士淑女的な感覚を持って貰えると助かると思います。女性は、「普通は」、受け入れていない人物や物に、許可していないとき、許していない方法で「侵入(いかなる形態でも。「視線」も侵入するもののひとつと捉えます。)」される事に大きな危機感や嫌悪感や拒絶感がありますので。門(や敷居)でも、それが起こりますよね。その一線の無い女性や、敢えて無くしている専門業の方々にとっては、これは迷惑記事ですネ。商売上がったりになっては困るでしょうし、そのような違いがあることも明記しておきますので、どうか、そのタイプの方々の需要がこの記事によって減る事が決してありませんように、お願いいたします。私は、その真逆です。門や敷居は、相手の要望を尊重する紳士淑女か否かが良くわかる象徴的な場所ですよね。ストーカー被害経験の在る女性はより厳しく感じているのではないでしょうか?
  女性としては、例えば、盗撮を懸念して室内の証明を制限してみたり厚いカーテンを使用する事は私も度々ありますが、それと、ベルが鳴っても玄関に出たがらないなどというおかしな話と関連付けるのは、全くの創作話ですのでどうか注意してください。
  つまり、女性としてプライバシーを守る事や、それに過敏になっていたとしても、玄関に出る出ないとは、全く別の話であり、完璧に別競技ですので、悪口作成においてこれらを重ねているのを耳にする場合は、どうぞ要注意してください、という意味です。

その2:

また、何かを書く度に、誰かがこっちを『試みる』作業をするんですね。悪い社会です。何の為でしょうね。完全に不必要です。さば読んで少なくとも10年張り付いておいて、何一つ解っていないということでしょうか。
張り付いているのではなくて、本当に、以前記事にもしましたが、自分の影の自己投影のために、常にこの『鏡で覆われた人柱』を睨み続け、自分の影を映し出し、そこに冷たい指を差し、馬鹿にしにうちの前にフラフラと来たり、疑って試みたり、こっちがちゃんと言ったり書いている事自体ではなく自分の影の言葉を本当の意味と取り違えたり、自分の影に指を指すためにこっちに張り付き中毒になっているのではないですか?  いつまでもおかしな話にすり替えたり嫌がらせで試みたりする必要は当の昔に無くなっていたのではないのですか?いつまでもいつまでもいつまでも、こっちに多人数で張り付いて、いまだに支離滅裂な変な話や取り違えや、うるさくて面倒な事がずるずると続いているだけで、物凄く煩わしくて、(また、変換がおかしくなって来ましたね。クラッキング開始ですかね。さて止めよう。)馬鹿みたいです。思考盗聴をもっと正確にやって、どんなに馬鹿にされたり呆れられたりしてるかも末端に解らせても良いですしね。変な事をしにわらわらと出てくるから呆れられているのに、馬鹿にする!といってやりに来ているという可能性はありますか?

スポンサーサイト



編集 / 2014.10.18 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego