FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑
再び『成り済まし』被害関連
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
[2015-10-03 16:53]:  自分が実際に思っている事でなら、人は(少なくとも私は)、人 からいくら攻撃されようが軽蔑されたり嫌われても、あまり気にならないものですが、成り済ましが、私に馬鹿にされて欲しい/恨まれていて欲しい、等々の理 由で行われた事等がいつまでもぼんやりと脳裏に焼き付けられたままの人々が未だウジョウジョ(?)いるのであれば、本当に(言葉を選ばなければ!)大きな 被害に遭った事になります。ね。
  あと、本当に嫌がらせたくてしている嫌がらせなのか、成り済ましやデマなどに騙された結果している事なのかの区別も、こっちではなかなか区別がつかなくなっています。少なくともその辺の事も配慮した嫌がらせにして下さい(プッ)。

 
  『成り済まし』によって本人が思っても言ってもいない事を書き込んだり言ったりされるのは、とてもつらい被害です。
しかも、不思議な事に、大体にして、どんなにインターネットの経験が豊富な人物でさえ、信じられないほど、HNや書き込み文章だけでは、どうも、全然、同一人物すら見抜けていないのが実情の様に見える事もあります。


   もし、『成り済まし』が、私を名乗って、例えば有名人等他分野で活躍している人物などへ
私に成り済ました悪意な、よくない言動をインターネット上など公の場でしていた事等もあった場合も、
どうか正式にご調査お願い致します。それもしないままで、私に成り済まして行なったそうした方々に関する言動を、頭ごなしに私になすりつけ続けないで頂けないでしょうか?
どうか、思い込む前に調査お願い致します。


  何度もここで繰り返している通りです:  2010年4月に、集団ストーカー/組織ハラスメント/CoIntelPro系の被害対処のためにのみの目的でfc2と個のブログを作り始めました。
それまでは、何度も書いて来ている通り、その問題関係の他の方数件へのコメント等で、お返事をいただけていたので、それらはこちらにも転載しております。

   それ以外、殆ど日本のサイト状況等に詳しくも無く、ブログとホームページと掲示板の区別さえ知らない状況でしたし、英語が抜けてしまう事を危惧しする余 り、殆ど日本語のやり取りはありませんでした。帰国初期の1-2年は、Yahooのオークションで買い物をしたので、それは日本語でした。暫く、殆どの メールも英語が主でした。これらは全て調べればわかる事ではないのですか?
  この様にいちいち細かく、成り済ましの被害にあった側が、書いていなければならない事自体理不尽だと思っています。


  何につけ、見抜いて貰えていればこの様な被害も可なり最小限に食い止められていたのではないかと思います。
また、こちらに対して証拠を「突き付ける」積もりが無いのであれば、どうか代替に、そちらで調査しまくるなど、見抜けない分の捕捉にするなど、とにかく手を打っておいては貰えないでしょうか?

  上記に書いた私に「付きつける」と は、正に、その証拠のプリントなりサイト自体を目の前に見せ、「これはあんたでしょ!!!」(例えば)等はっきり私に付きつける事です。一人で怖いのであ れば十人でも、匿名郵送でも良いのでは? もし郵送が本当に多々止められているのであれば(最近、我が家の固定電話が、特定人物に対して通話不可能になっ ており、同時に相手側からこちらへかけた電話も機械音だけで決して私に判る呼び出し音にならなかったそうです。しかもその方が試した際の着信記録さえ皆無 でした。郵便も以前書いたように、個人的なものは帰国後殆ど皆無です)、繰り返しになるのですが、見つからない様にということであれば、例えば、門にある 郵便受けに見つからない様に投函するのでも良いのですから、どうしても何らかの書き込み、郵便などが私だと思いたいのであれば、私自身に対して突き付ける と良いわけです。

  再度お願い致しますが、思い込む代わりに、何らかの手段を取るようにお願い致します。それなしで、ただ頭ごなしに、成り済ましの言動を、私だと思い込み続けたいのであれば、寧ろ私に突き付けるべきではないのですか?
  全くの別人格扱いをされ続ける事になり、被害者、ここでは、私に、なすりつけられたままでは、つらいわけです。自分が思っても言ってもいない事をいつまでも知らない所で思い込み続けられ、手段が取れないまま、という事は、あってはならない事です。
"Justice delayed is justice denied." なのです。
  成 り済ましが、万が一、上記のように芸能界スポーツ界」などの、テレビ通(?)にとって詳しい有名人等につて、またはそれらの方々に対して等、書き込みか何 かがあったのであれば、調査お願い致します。私は知りません。私自身では詳しくな過ぎるし、関心も薄すぎ、私がそのようなところで活躍する方々に付いて (対して?)書くことは、有り得ない事です。

こ の件に付いて以前にも書いたとおり、私は暫く英国にいましたので、国内事情等、海外では、情報も追い付いてもいませんし、私の場合、特にテレビも見ない方 ですし、テレビもありませんし、もともとテレビの前に座って過ごすという事もしませんし、芸能界も詳しくありませんし、スポーツは趣味から外れていて殆ど 無関心で、知らない世界です。とにかく、芸能界もスポーツも、いわゆるテレビ通な方々の趣味も関心もありませんし、従って、意見もありません。 誰でも、 関心の薄い事、詳しくない世界、等、いちいち考え無いものですし、詳しくなければ、意見すら持つのが難しいのではないのですか??? 

  わざわざ書くのはめんどくさかったのですが、とにかく、私ではありません(!)。



[2015-10-02 23:33追記]:
   新しい所へ行った際、私にとってだけ初対面のグループと接し、そこに居る知らない人達が、こっちの知りもしない、変な思い込みを持っていて、しかも、 こっちが思った事も言った事も無い、成り済ましのしたことを私だと思い込んでいて、厚い壁になっている事があります。かといって真偽を突き止めようともせ ず、直接私を知ろうともせず、その厚い壁が立ったままでは、残酷過ぎます。

スポンサーサイト
編集 / 2015.12.17 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
10 | 2018/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。