FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑
一日[以上(15:30-ish)]記事
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》
[Originally posted to my seesaa @ 13:18 2016-01-06
Pasted to this Blog @ 12:18:46 14th Feb, 2016]

[2016-01-07 11:38-ish]の校正=この色。
[2016-01-06 08:24-ish]の校正=この色。
[2016-01-05 23hour-ish]の校正=この色。

   昨日の記事 『IF "Predictive Programming" is applied...』の削除部分の一部を復活させますた。

    ...ひょっとしたらあの記事で取り上げた内容のどこかで、何か変なボタンでも押してしまったかも知れません。気味が悪いので止めてみます。あれは凄 く政治的な側面のある映画らしいですし。仄めかしや集団ストーカーのタイミング合わせに混じる普通の車両等のように、こっちもいつ何で誰かにとって意味深 なものを取り上げてしまっているかも判ったものではありません。
   兎に角、直接的でなく、何もかもが仄めかしや深読みに依存した以上に非常に間接的なこのInternetは、兎に角私の性分に合いません。
   この網の目をくぐって成り済ましなどの攻撃も逃げ口上が出来やすくなり、余計やられる結果にもなり易いので、何を取り上げるにも注意が必要になっていますね。
   とはいっても、何所に魚雷が埋まっているのか判らないと、避けようもありませんが。
   特に、私の場合等、書籍や映画などの作品類は、「判らないけど沢山何層にも内容が詰まっている」作品ほど、何度でも繰り返し観賞したり読み直したりしませんか?
   映画で言えば、(フィクションの本は嫌いで殆ど読まない)私の場合、広く多く見ないで、決まったものを何度も何度も見る方ですが、そう言う傾向ありませんか?
   私の場合、何故か、Die Hardを、9・11までは何度も見た一人で(私だけでない!)あとMidnight Expressも、二十歳前後の頃初めて神田の岩波ホールに来たのを見て、(あの頃の岩波ホールはややサブカル的なのやマイナーなのを掘り起こせる感じの映画館でした。今もありますか?)あそこにはよく通って色々数を見ましたが、中でも気に入ると、朝から行って最終まで座って観たひとつで、英国でも(VHSビデオテープの時代)レンタルビデオで 何度も見たひとつだし、一家に一台ヴィデオデッキがある頃にはSecondHandのデッキでこれを買って見ていたし、DVDになってからも買ってあるも のの一つです。20代の中間頃は、思い余ってMidnightExpressのサウンドトラックのLPまで買ってありますから。あとNakedGun(I) ですが、あれも可なり最初から最後までメッセージが詰まっていますよね。おかしくて笑うためもありましたがそれにしては何度も細部まで注意してみさせられ てきたものの一つです。すると、色々ぎゅうぎゅう詰めの映画だった事に日に日に判ってくるひとつですよね。前にも触れましたが。触れた点以外に色々ある中 で、触れていなくて意味を汲めないひとつが、JapaneseFightingFishを数匹飼っていて、そこに、天皇陛下Hirohitoからの戦時中 か何かの欽定品の高級ペンをそこに間違えてミサイルのように遠くから飛ばし入れてダメにしてしまうシーンです。あれは何ですか? あと、成り済ましのオペ ラ歌手が出て来て本物しばりつけて隠蔽ている間に、成り済ましが登場し下手でも歌うはめになり、最初は渋い顔をする慣習観衆でしたが、そのうち「見て!ポラtッツォよ!」「ほんとだ!リーゴ(?)・ポラtッツォ!リーゴ(?)・ポラtッツォ!リーゴ(?)・ポラtッツォ!リーゴ(?)・ポラtッツォ!...と喝采されていったり、あと、ELFでコントロールされてピストルを向ける人たちや、挙げれば上げるほど変なボタンを押してしまう可能性もあるし、後で判って危ないので言えないものもあるし、
  知らないうちにこっちへ攻撃ボタンを押していると困るので怖いですね。

上と下からスモークスクリーンあるのではないでしょうか?。





スポンサーサイト
編集 / 2016.01.06 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
10 | 2018/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。