FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑
[4日丑三つ時追記] 確認(質問)
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
【Seesaaから持ち込み on 07-June-2017. ORIGINAL Blog Time=2017-05-14 14:57:55】

  数年前の7月初めに、庭の灌木の剪定をしていた時、左手の薬指を剪定鋏で怪我をした事があります。体質で割と深くても簡単に治癒する方だったので、いつも通りに処置をしたのですが、週末中に悪化して、お医者サンに治してもらうことになった夏があります。
それから数日?数週間?後から、やたらと頻繁に「料理中に包丁で指を切った(つまり、料理が本当は下手か慣れていないというニュアンス)」という仄めかしや注意がどっぷりと増えました。
  今になって聞いておこうと思ったのも、未だにそう思い込んでいる人達も居る可能性があったからなのですが、
このように、なりすましや噓の噂は、いつ信じ込んで聞いたかなど、いちいち覚えていませんので、いつまでも嘘に騙され続けている事というのも多いので、一応はっきり聞いておこうと思ってはいたからです。
  その頃、皆さんは、そのような嘘を聞いていましたか? 私自身の周辺(ネットとかではなく現実に接触のあった人達は皆100%知っているので騙されてはおりませんが、その頃、私だと思い込ませている誰かが私になりすましてそのような事でも書き込んでいたり等、ありませんでしたしたか? 何度も繰り返しになりますが、私はブログの横のプラグインに出してあるサイトでしか書いておりません。(しかもその殆どが放置状態です。)また、あの変な巨大匿名掲示板で、名前を作ったり常連になったりなどのやり取りが御座いませんし、一時は、人のサイトへROMをしただけで荒らしが展開し、散々幼稚な騒ぎをしまくった挙句にみじめに弱く、だらしなく「すみませんでした!」とか何とかの形式で終了するのが総てに共通していたので、同一人物の仕業と思っておりますが、そういう変な事はしませんので、遡れる方々は是非調査・捜査等お願いいたします。
  話がこれになったので、もう一つ確認しておきたい件を思い出しましたので、それについても質問させておかせていただきますが、
そのように私と名乗るか、もしくは内容などから読者が私ではないかと勘繰ったり決めつけてしまうような形で、知っている中では、自作自演で、どこかで私と思わせる役と自分とで「ヤリ合い」をして、私と思わせている方が諸中みじめに弱く愚かしく軽蔑や嫌悪を誘う変な「言い負かされ方」をしていませんでしたか? 脳を働かせ心もよく働かせて考えてみて、本当にそんなのが私のように思いますか? 

今回はこの辺までにしておきます。

  上記のようなものがあった場合、出来る限りの調査・捜査等をお願いいたします。私はそのようなネット活動は大嫌いですし(メールは相手がはっきりしていて、ズルズル他愛もなく無駄にやり取りをするのでなければ便利に利用できますが)(偽メール・成り済ましメールは事実ありますので、要注意ですが)ネット自体が好きではありませんし(☜「実際ではなく顔も見えない名前もはっきりしない相手とのやり取り」などの意味、特に日本語で。ネットでなくたってああいうところで読むようなやり取り自体が大嫌いです。「仮想」というやつが嫌いです。信仰上、別な人格を用意しておいたり別な話を並行させるという狡い事をしていたら、今頃私は居なかったでしょうね。少なくとも数分と続かないうちにばかばかしくなると思います。子供の頃は色んな『ゴッコ』を楽しみましたが、いつしかやってられなくなりましたので。口を利けるものならわざわざ打ったり書いたりしたくありませんので。そういうのがやってられない方なので。)、買い物も、どこで何を買ったり探したりするかを大体決めて行って、用だけ足してさっさと帰ってくる方ですので、「目的もなく」ブラブラとそういうところを歩き回るのは性分ではないので。
  また、ここでこのように記事に書いた内容を、匿名掲示板か何かで、一度書いた事を変な記事の劣化した要約のようなのをぶり返しているのも何度もみましたが、そういうねちねちとするのは私ではなく、ここで私自身が書いたのを読んで、劣化させた内容で私ではないかと勘繰らせるように書いている人物の書き込みであり、私自身がそんなことをする必要はございません。もし略式を書くとしても劣化をさせるのは私自身のする事ではありませんし、何でそのように記事をいきなり匿名で繰り返す必要あるんですか? 何かあればここで「追記」していますし。 それは誰でもいいけど私ではないかと騙されてくれる人を皮切りに、私になりすました騒ぎを展開したい為の釣りを狙っているのでは? とにかく、私自身はそのように記事を劣化させて繰り返して、みじめで幼稚な馬鹿のような書き込みをわざわざする必要も意味もありません。
長くなりましたが、一応『簡略版』でした。

[4日丑三つ時]この手の記事をこうして書くのは、あの成り済ましと実際の私自身の違いをより判断し区別して貰えると良いなと思い書いているので、「私自身がする訳のない事など」が中心の内容に偏らざるを得ませんので、その積りで(『成り済ましと私自身の区別・誤解・人違いへの対処』を目的としたものとして)読んで下さい。こういう事がいつまでも必要なのは大変辛いことです。

[2017-June-03 09:35-ish 追記] :  ちなみに私は、勉強も割と出来たし、友達も良かったし、色々と面白かったし、別に色々と学校が好きでしたよ。 こうして一人も割と平気で驚くほどですが、こういう事情でこうなっているだけで、新工場信仰上基本的にはこうしているのは常態ではないですし、[非常事態に対応中]の意識でいます。
 (  ところで、こういう記事を書いたら何故ネガティヴ・プロパガンダが激しくなるのでしょう? )


スポンサーサイト
編集 / 2017.05.14 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
10 | 2018/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。