FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑
[簡略化version]質問
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》

[2017年11月30日午後Seesaaブログより持ち込み、Seesaa投稿日時にて投稿]



  私の『 なりすまし / 成り済まし 』ですが、
顔文字などを使いまくる人物ではなかったですか???
  私が時々チェックしていたあの掲示板のあの特殊板のを見ていて、やたらそうであった(顔文字の乱用など)のは知って居たのですが(それがひとしおに知性の欠如を印象づけていた)、あの暴れ方は最近は知っている限りでは見なくなって居ませんでしたか?
いきなり顔文字だらけのメッセージが数通届き、問い合わせる結果になり、それは一応そのような流れではなかったと伺い解決いたしました。
  とはいえ、こうして思い出した通り、あの顔文字だらけの書き込みをするあの成り済ましの傾向でもあるので、一応、記事にて問い合わせておきます。
  私は、昨日『顔文字』の検索をしまくり、受け取った中の微妙なものの意味を集めてみようと試みて、あの顔文字の莫大な量(それ自体は殆どが上手で面白い)にi触れて、面白がり旁々、「ちょっと私のしたい事ではないな、」と思ったり、美術関係出身でこういうのに耽ると言うこと自体逆に稀ではないか、等々色々、うんざりして面倒になり止めた次第です。 兎に角、そういうことをするのは、私らしく無すぎると思っておいて間違いありません。とりあえず、是非そういうものを書いた人物を特定しておいて下さい。
  以前から頻繁に書いてきて居ますように、私は、会ったこともない相手と、具体的な目的ももはっきりしないような無駄な事を書くなどをする頭の暇もない方ですし、見えない相手の場合、その可能性も必要も無いのに、直接的で無すぎるこのインターネットだけのやりとりに依存出来る方ではありませんので、それ自体、私らしい作業ではありません。
  電話などで済むのであれば、電話や実際にあって話すなど、ネットで書く以外の方法の方を好む方も割と多いのでは?私もそう思う方です。
  その一方で、目の前や直ぐ側の人とさえ打って交流する種類の人達も居ますので、私のようなタイプには余りピンと来ない感覚です。
  話がずれましたが、陰で私に成り済ましている可能性が未だあるとは思っていなかったのですが、
こっちに成り済まして変なメッセージなどを仮に受け取っていても、受け取った側が無視していると、余計気にもかける必要も減少してしまい、私に問い合わせる事も無く、調べたり通報する事も無く流れて、そのなりすましを私だと思い込まれたまま過ぎてしまっていては堪りませんで、一応記事にしておこうと思い、書いて置いているところです。
  
  この時点で「どういうのが私のもので、どのような変なものは私ではない、」などを、相手がどういうものを受け取ったか、などの具体的なな内容なしでは、単純な判断基準など書き出せるものではないのですが、 ―例えば、顔文字を挿入しまくって当たり障りのない子供のはしゃぐようなメールは私ではありません。しかし、それだけでは、例え相手側が馬鹿が書いたとしか思えないものを受け取るだけだったら、別にそれがこの私ではないのでは?などと疑ったり不審に思う必要が無いので、無視すれば私だと思われたままである可能性もあります。   そうしたタイプの成り済ましメールの場合、受け取る側が無視すれば、私自身にそのような馬鹿なものが届いた事を疑わせることもなく、私自身の方で成り済まされて送信されていた事を疑うヒントすら受けることが出来ませんので、気が付かないまま放置することになります。ただ、変な馬鹿な人と言う人格評価だけが発生し、一見当たり障りもなさそうで馬鹿なだけのメールが、例えどんなに出されて居てもこちらには知り得なくなります。受け取り側が手を打つ必要の前の段階の内容であれば、いつ成り済まされているか知りようもなくなります。
  これがある場合、またはそれをやりまくられていた場合、つまり、通報したり調べたり、身近な誰かに関わらせる気もしないかその一歩手前レベルの馬鹿な内容が山程あった場合、実害というより人格攻撃であり、印象工作、印象操作であり、個人攻撃のプロパガンダであり、信用毀損、名誉毀損であり、繰り返せば、実際に(「リアルで」)支障が無く、成り済まされたこっちにはなかなかそうと気が付かれにくい、極めて狡猾で陰湿なタイプのする悪質な攻撃です。
  一応書いて置きますが、必要以外であまり解らない、流れに関連のないものなど(馬鹿か餓鬼が調子に乗っているような内容や、顔文字などを乱用するなど)、変なメールを出す気になる方ではありません。...しかし、実際、流れに沿った成り済ましメールを出されていたんですよね。「**(住地域の名称)の*****(私の氏名)です。相談したいことがあります、」だか何だかでしたね、一つは。 恐ろしい犯罪です。

  ところで、この文章が長引く原因の一つですが、コメントなどを受け取れずに居ますしメールでさえ何も受け取っていないと、フィードバックが無過ぎて、どう書けば簡単に通じていて、どういう説明にすると伝わりやすい、などの感覚を持てずに居るので、不特定多数の多種な千差万別な相手を想定するという一面があります。
  最近も、私のSeesaaブログ全て、コメントを試みたアクセス形跡がどっさりなのに、私には何一つ入っておりません。話が逸れますが、試みている方々は、是非Yahoo(既に上記に例としてあげたもののように、成り済ましに使われて、このアドレスで私の名前を使い、関係者に成り済ましメールを出されているので、本来使わない方が良いのかも知れませんが、一応、プラグインにあるもので、同じInboxに来る筈の、oil8of8joy-wsheep@yahoo.co.jp)にメールしてみて貰えないでしょうか?それも既にしておられるのですか?私には届いていません。少なくとも最適な手の打ち用なども送って下さい。
19:54記:この記事を出した途端にブラウザが長時間フリーズし、一度全ての無頼座ブラウザ[👈23日訂正]を終了し、再開。
スポンサーサイト
編集 / 2017.10.17 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
10 | 2018/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。